• Facebook アプリのアイコン
  • 500px_.jpg
  • Instagram クラシック
  • Pinterestのアプリケーションアイコン

世界の始まり

The beginning of the world

私は想う。

なにかが始まる時は、泡から始まると。始まりはいつも、何かを区別するとことから始まる。

内側と外側

有と無

自己と他者

これらを境界するものは泡構造である。

 

そして、私は、

”宇宙の始まり”の”ビッグバーン”を想い、オリーブオイルを

”生命の始まり”の”自己複製”を想い、ワインを

”文明の始まり”の”農耕”を想い、コーヒーを

”私の始まり”の”母”を想い、ミルクを

それぞれの泡に登場してもらった。

 

ほとんどの”始まり”はとても、小さく変化するので、人の目では見ることはできない。目で見えるようにするには光と時間を誇張しなければならなかった。だから、私は写真という表現を選択した。

 

このシリーズはいくつもの始まりを提示している。さあ、様々な世界へ私と一緒に旅をしよう。

 

I think.

When something starts, it starts from bubbles. Beginning always starts by distinguishing something.

Inside and outside

With and without

Self and others

The one that bounds these is a foam structure.

 

Then, I am,

Thinking of "Big Bang" of "The beginning of the universe", olive oil

Thinking of "self replication" of "beginning of life", wine

Thinking of "farming" in "the beginning of civilization", coffee

Thinking of "Mother" of "My Beginning", Milk

I had them appear in each bubble.

 

Most "beginnings" change so smallly that they can not be seen by the human eye. In order to make it visible it had to be exaggerated with light and time. So, I chose the expression photo.

 

This series presents several beginnings. Let's travel with me to various worlds.