• Facebook アプリのアイコン
  • 500px_.jpg
  • Instagram クラシック
  • Pinterestのアプリケーションアイコン

朧と温もり

Hazy and warmth

 そこでは、実体と空間が曖昧になる。相互が溶け込み混然としている。細胞の一つ一つは、もはやどちら側のものか区別がつかなくなっている。意識をすればするほど感覚は鋭くなるが、区別をすることはできなくなる。

  その境界に棲む妖(エロス)に魅せられ、指を滑り込ませて触れているうちに、戻ってくることができなくなる。

 

There, the substance and the space become ambiguous. It is mixed with each other. Every cell is indistinguishable from which side it is. The more conscious you feel, the sharper the sense, but you can not distinguish.

I'm fascinated by the spirit (eros) that lives at that boundary, and I can not come back while I slide my finger and touch it.

もっと見る