• Facebook アプリのアイコン
  • 500px_.jpg
  • Instagram クラシック
  • Pinterestのアプリケーションアイコン

About Me

■展示歴
[グループ]
2014
  TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY
  JPCO Gallery 2014 at Hilton Tokyo
  御苗場 vol.15 関西
  CP+ 御苗場 vol.14 横浜


2015
 CP+ 御苗場
  JPCO Gallery 2015 at Hilton Tokyo
  JPCO Gallery 2015 in Yokohama
 

2016
 CP+ 御苗場
  JPCO Gallery 2016 at Hilton Tokyo
 

2017
 CP+ 御苗場
  富山ガラス美術館 ABOX展 招待作家

[個展]
2017
 「宙と墨(sky and ink)」 を SONY Imagining Gallery

■Awards(受賞歴)・展示

2012

   FUJIFILM Photo Contest Photobook入選

2015

 御苗場「横浜市長賞グループ賞」 ノミネート

2016

 PICTORICO PHOTO CONTEST 秀作

■maturyu(松龍)

1964, Bunkyo-ku, Tokyo born.

I'm photographer and IT Manager.

 

 1964年東京生まれ。IT エンジニアをしながら、写真を中心表現するにアーティスト。Charles Robert Darwin、長谷川眞理子らに哲学的影響を受け、Michael Kenna、Robert Mapplethorpeらに写真家として影響を受け、神島美明、高崎勉らから直接指導を受けた。

 

 私はアートとサイエンスの源泉は、同一であると考えている。最も重要なことは、”問題の解決”ではなく、”問題の発見”であるということが共通している。「そうか分かった」よりも「あれ、何か変だな」のほうが遥かにエキサイティングなのである。

 私が美を認知する知性をもっているのは、生き物として祖先が36億年間絶え間なく生存競争をして進化した結果だと考えている。これは人が安全を感じたり他者に共感したりする能力の拡張だと私は考えるに至っている。

 

 今までに、「くうをみる」「世界の始まり」「宙と墨」という作品シリーズを制作してきた。

 

 今後も、私の「美」という能力や理由を追い続けたい。さらに、作品に進化論以外に禅やヨガの思想を取り入れていくための試みもしていこうと考えている。ホモ・サピエンスという人類の共通性と私という個人が交わる交点に、作品を発表していこうと思っている。

 

■Profile

maturyu

Born in Tokyo in 1964. While working as an IT engineer, he focuses on photography. Charles Robert Darwin and Mariko Hasegawa were philosophically influenced, Michael Kenna, Robert Mapplethorpe and others were photographers, and they received direct guidance from Miaki Kanjima and Tsutomu Takasaki.

 

I believe that the sources of art and science are the same. The most important thing is not "solving the problem" but "finding the problem" in common. “That's something strange” is much more exciting than “I knew it”.


”I have the intellect to recognize beauty as a result of the evolution of ancestors as a living creature through continuous survival competition for 3.6 billion years. I have come to think that this is an extension of a person's ability to feel safe and empathize with others.

 

So far, I have produced a series of works called “Kumu-mi”, “The Beginning of the World”, and “Air and Ink”.

 

In the future, I would like to continue to pursue my ability and reason of “beauty”. In addition to the evolutionary theory, I will try to incorporate Zen and yoga ideas into my work. I want to present my work at the intersection of Homo Sapiens and me.